Philosophy

2007年6月30日 (土)

『科学哲学の冒険』

科学哲学は、分析哲学の一角を占める、英米哲学の高峰。反証可能性を挙げたカール・ポパー、実際のところは科学者の属するパラダイムに決定されているとするトーマス・クーン。クーンに対抗する主流派とクーンも抱え込んだ社会構成主義。こんな図式でしょうか。

そんな科学哲学を、名大・戸田山和久教授が説きおこす本書では、「センセイ」とその研究室の学生二人の議論という形をとって、ヘンペルの「仮説-演繹」モデルから最先端の「意味論」モデルまで、科学哲学の全体像を明晰に切りとってみせてくれます。

センセイは実在論を擁護する立場、対照をなすのは社会構成主義反実在論相対主義、大雑把にいうならポスト・モダニズム。センセイの論理は着実で、衒いがない。難をいえば、ちょっと着実さを出したために、素朴に過ぎるかもしれない。

確かに「電子」は実在する、が量子力学の世界ではその理論が仮定する「存在物」だってあるではないかと。あるいは、現象として見出されるものとか。この辺は、科学哲学の主戦場になっていそうに思った。何れにせよ力作であるので、著者の自作を楽しみに待ちたいと思います。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

スピノザを読む

今、古典と戯れています、というよりも、新刊書にちょっと食傷気味のところがあるのかもしれません。さて、そんなときにはスピノザです。彼以外にいない。

『エティカ(エチカ)』はそのままユークリッド『原論』みたいですが、慣れればどうってことはありません。スピノザが「…ということにしておこう。」と定理してしまっているので、それにそって幾何学模様に遊ぶだけです。

そう。読む方が気にしたって仕方ありません。そういうことにしておけ。気にするな。そして、ぐいぐいと読み進みます。

一元的汎神論といわれたらやはりこの一冊でしょう。猛烈なカタルシスもあります。

最近、「本を読んだ」という読書経験の質が低下気味に思います。濫読気味なので、量は増えているのですが。そういうとき、心落ち着くのは、こういった書物たちだったりします。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

『輸入学問の功罪』

著者の鈴木直氏は「読み易い」と評判の筑摩版『資本論』の共訳者の一人。


その翻訳者が、何故、カント・ヘーゲル・マルクスの日本語訳がかつてああも読み難いものだったのかを解き明かし、輸入学問の翻訳を論じる書。

まあ、とにかくこの三人の岩波訳は読み難かった。私はドイツ語は解さないので、その辺の機微は分からないところがありますが、徹底的な逐語訳になっていて(要は日本語としてこなれていない)、それは何故なのか論じていきます。それは:

①明治のアカデミズム状況:
明治期のアカデミズムでは、旧制高校→帝国大学出の選抜がなされ、その地位を学問 を通じて知的能力をもって証明する必要に迫られます。「徹底的逐語訳」ができる能力はその一つだった。

②翻訳物としての特殊性:
まだ翻訳書が「商品」と見なされず、想定読者を意識することなく、参入障壁を高めることで既得権保護に「徹底的逐語訳」は利用されていた。

③主権国家の事情:
国家⇔民衆の対立構造のなかで、国策的西欧学問輸入が「民」に受容され難い下地が存在。

…というのが著者の立論です。まあ、分かりやすいストーリーではあります。

では、どのように本来翻訳はなされるべきかと言えば、哲学研究者以外の一般向けにも明解で、かつ正確性は損なわない匙加減にすべき、と。

著者は、これを易者の「筮竹」に例えています。要は、取り出した筮竹それ自体よりも易者に重きが置かれるのですが、易者も筮竹を取り違えるかも知れない。ならば、筮竹の束全体を理解できる翻訳に編集しようではないかと言う決意表明です。

その視点から見ると、明治期の上の三人の翻訳は酷いものだった-漢字新語が難渋だったり、注釈が不適切だったり...凄い勢いで批判が続きますが、ドイツ語音痴の私からは、恐らくそうなのかなぁと思うしかないのが、やや残念。

新書の制約の中で、翻訳論から三人の思想哲学解説まで盛りこもうとした意欲作なのですが、ちょっと詰め込み過ぎて、根拠の提示が乏しいのも惜しい!

それはそれ、カントもヘーゲルもマルクスも読み難かったのは、特に私の側の問題ではないのだなとちょっと安心。何れ筑摩訳の『資本論』にトライしてみますか。いつになることやら...。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (1)