« チェルシーベスト4! | トップページ | カズ、参院選に自民から出馬? »

2007年4月15日 (日)

トルクメニスタンの明日

永世中立国と言えば、どこか毅然としていたり悲壮だったり、結果として重武装中立となることもあり、その数は国連承認されている国で今や僅か4ヶ国となっています。

お馴染のスイス、その保護下に在るリヒテンシュタインオーストリア、そして問題のトルクメニスタンです。CISから脱退、1995年には国連で永世中立国承認。世界最新の永世中立国なのに、話題に上るのは昨年急逝したニヤゾフ大統領トルクメンバシ)の超独裁体制の故でしょう。Kinpika

何せソ連崩壊から常に99%前後の得票で大統領に選出され続け、遂には憲法改正して終身大統領になってしまいました。ニヤゾフ大統領は自著まで教科書として採用するは、一見したところ典型的独裁者だったのですが、大量破壊兵器も持たず、テロリスト拠点も無く、永世中立国の要件を満たしてしまったと言う次第。

国内ではもちろんニヤゾフ大統領のやりたい放題ですが、特段、親族に特権を与えるでもなく、その意味で全く典型的ではなく、その死去後、2008年から2010年に大統領選挙を行うことになっていますが、前任者の存在感が大き過ぎたため、何がどうなるのか分かりません。

EU加盟でスイスもオーストリアも政策転換を余儀なくされる中、何事もなかったかのようにトルクメニスタンは永世中立国であり続けるのかも知れません。永世中立とは一体何だったのかと本質を問われることになるのでしょう。

T.D.

|

« チェルシーベスト4! | トップページ | カズ、参院選に自民から出馬? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/14714268

この記事へのトラックバック一覧です: トルクメニスタンの明日:

» 民間人は今年 [したなどと]
これまで住民ら 和ブログ傘 任期は年 和ブログ傘<... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 20時01分

» スポーツ [和ブログ傘]
文化・芸能 上部 定数 [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 17時47分

« チェルシーベスト4! | トップページ | カズ、参院選に自民から出馬? »