« 中村紀洋が中日入団テスト? | トップページ | ブログマーケティングの陥穽 »

2007年2月13日 (火)

アブラモヴィッチ本

ジョゼ・モウリーニョの自伝は邦訳がありますが、チェルシーFCのオーナーにして世界屈指の大富豪(石油王)であるロマン・アブラモヴィッチに関する本は邦訳がないようです。うーん、サッカーファンだけでなく需要はありそうなんですけどね。

微熱日記 別館のエントリでも書きましたが、私はアブラモヴィッチ氏そのものに関心があり、邦訳がないなら英書に当たろうと言うことで…一押しはこの本『Abramovich-The Billionaire from Nowhere』。淡々とした筆致ですが、内容は濃厚。ロシア政界と寡頭資本家との暗闘も描かれています。

私がアブラモヴィッチ氏に望むことはただ一つ、モウリーニョ監督を解任しないでくれと…。それ、チェルシーにとって得策ではないですよ、と極東から思うのでした。

T.D.

|

« 中村紀洋が中日入団テスト? | トップページ | ブログマーケティングの陥穽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/13890588

この記事へのトラックバック一覧です: アブラモヴィッチ本:

» ビジネス [共通して反対するテーマ]
提案 昨日と今日と エンタテインメント したなどと [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 22時51分

« 中村紀洋が中日入団テスト? | トップページ | ブログマーケティングの陥穽 »