« ベッカム、LAへ。モウリーニョ、インテルへ? | トップページ | 森本貴幸の衝撃 »

2007年1月26日 (金)

プラティニ、冒険の始まり

ミシェル・プラティニUEFA会長選で現職のヨハンソン氏に僅差で勝利したことには少なからぬ感慨があった。やはりプラティニと言えば、「背番号10が背番号10であった時代の」象徴的なエレガンスを湛えたフットボーラーであり、一方では監督職では挫折もし、今回の会長選も危ぶむ声もあったことも事実。Photo_10

とまあ、訳が分からないまとめになりましたが、プラティニ会長の公約であったCL改革に関しては、私も解がないと言うか非常に微妙です。ともあれ、プラティニがUEFAの会長になる時代になったのだなぁと感慨に浸ります。

T.D.

|

« ベッカム、LAへ。モウリーニョ、インテルへ? | トップページ | 森本貴幸の衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/13694093

この記事へのトラックバック一覧です: プラティニ、冒険の始まり:

« ベッカム、LAへ。モウリーニョ、インテルへ? | トップページ | 森本貴幸の衝撃 »