« 寒中お見舞い | トップページ | プラティニ、冒険の始まり »

2007年1月13日 (土)

ベッカム、LAへ。モウリーニョ、インテルへ?

ベッカムが来期からMLSLAギャラクシーでプレーすることが決定。往年の名古屋グランパス・リネカーを思わせる展開になって来ました(と当のリネカーも発言)。Photo_8

イングランド代表でもマクラーレン構想からは外されていて、もう復帰はないでしょうし、レアルでもカペッロ監督は「今シーズンは今後使わない」と明言。レアルで言えば、ロナウドの処理(アルイテハド移籍?)が済めば、ガラクティコ路線からの撤収は着々と進んでいる様子。

去就と言えば、チェルシーモウリーニョ監督の周囲も慌しい。バラック・シェフチェンコ加入は、金満と言われながらも手堅い補強を続けていたチェルシーのこれまでの路線とは一線を画すものでしたし、DFを中心に怪我人続出で「補強を要請したが、動かなかった」とモウリーニョ監督がフロントへの不満を漏らした、と。Photo_9

アブラモヴィッチ氏との蜜月(?)は長くは続かなかったということでしょうか。モウリーニョ監督にはインテル、レアルがオファーかと報じられていますが、モラッティ会長の希望込みでインテル有力かと思われます。レアルならレアルでクラシコが面白いことになりそうです。

まあ主たるソースは『Sun』ですので、唯のよくありがちなフットボール・ゴシップである可能性もありますが…アブラモヴィッチ路線で、次はロシア代表・ヒディンク監督のチェルシー監督就任は何となくありそうかな、とは感じる…感じるだけですが。

T.D.

|

« 寒中お見舞い | トップページ | プラティニ、冒険の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/13487522

この記事へのトラックバック一覧です: ベッカム、LAへ。モウリーニョ、インテルへ?:

« 寒中お見舞い | トップページ | プラティニ、冒険の始まり »