« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

サーチエンジンmooterお試し

NHKで今更感漂うGoogle特集などありましたが、Google万能論とでもいうべき状態は、まあ長続きはしないものだと思っていて止まない私は、取り敢えずmooterも使ってみようかなと。シンプルかつスマート。アンチGoogleではありませんが、マーケティング臭漂うGoogle礼賛主義(万能主義?)にも辟易としているので。あくまでツールですから…。Mooter


T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

あなたのブログは、どのアルファブロガーに近い???

そのまんま、「あなたのブログは、どのアルファブロガーに近い???」というサイトがあったもので、ベイズ理論だそうですが、当微熱日記の立ち居地を知るためのお遊びに興じてみました。結果ですが…これ

100%一致のハイスコアは、たけくまメモたつをの ChangeLogきっこのブログisologueアンカテ板倉雄一郎事務所池田信夫 blogメディア・パブ情報考学 Passion For The Future404 Blog Not Found・・・と錚々たる顔触れで、ただ「アルファブロガーである」以外に共通項らしきものは見えてこないのが残念。しかし、きっこさんに近いんですか…そんな今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?とか書いた方が良いのでしょうか…。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

森本貴幸の衝撃

ヴェルディで15歳デビューした時から、衝撃の選手ではあったものの、J2転落前後は精彩を欠いているかに見えた森本が、CL出場圏内(!)のカターニャで、まさに衝撃のデビューを飾ったことには、流石に驚いた。鮮やかなボディーバランス、出場僅か6分でのチーム内最高評価は貴重な勝ち点1を捥ぎ取った得点故に当然か。Morimoto

これで、「単なる留学」とは呼ばれまい、と思う。カターニャは、実は買い物上手だったのではないか…ヴェルディが完全移籍を妨げないことを希望します。この年代でセリエA、(ひょっとすると)欧州CLを経験できるのなら…。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月26日 (金)

プラティニ、冒険の始まり

ミシェル・プラティニUEFA会長選で現職のヨハンソン氏に僅差で勝利したことには少なからぬ感慨があった。やはりプラティニと言えば、「背番号10が背番号10であった時代の」象徴的なエレガンスを湛えたフットボーラーであり、一方では監督職では挫折もし、今回の会長選も危ぶむ声もあったことも事実。Photo_10

とまあ、訳が分からないまとめになりましたが、プラティニ会長の公約であったCL改革に関しては、私も解がないと言うか非常に微妙です。ともあれ、プラティニがUEFAの会長になる時代になったのだなぁと感慨に浸ります。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

ベッカム、LAへ。モウリーニョ、インテルへ?

ベッカムが来期からMLSLAギャラクシーでプレーすることが決定。往年の名古屋グランパス・リネカーを思わせる展開になって来ました(と当のリネカーも発言)。Photo_8

イングランド代表でもマクラーレン構想からは外されていて、もう復帰はないでしょうし、レアルでもカペッロ監督は「今シーズンは今後使わない」と明言。レアルで言えば、ロナウドの処理(アルイテハド移籍?)が済めば、ガラクティコ路線からの撤収は着々と進んでいる様子。

去就と言えば、チェルシーモウリーニョ監督の周囲も慌しい。バラック・シェフチェンコ加入は、金満と言われながらも手堅い補強を続けていたチェルシーのこれまでの路線とは一線を画すものでしたし、DFを中心に怪我人続出で「補強を要請したが、動かなかった」とモウリーニョ監督がフロントへの不満を漏らした、と。Photo_9

アブラモヴィッチ氏との蜜月(?)は長くは続かなかったということでしょうか。モウリーニョ監督にはインテル、レアルがオファーかと報じられていますが、モラッティ会長の希望込みでインテル有力かと思われます。レアルならレアルでクラシコが面白いことになりそうです。

まあ主たるソースは『Sun』ですので、唯のよくありがちなフットボール・ゴシップである可能性もありますが…アブラモヴィッチ路線で、次はロシア代表・ヒディンク監督のチェルシー監督就任は何となくありそうかな、とは感じる…感じるだけですが。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

寒中お見舞い

すっかり「冬眠」の時期が長くなってしまいました。今年はぼちぼちブログの方も復活させたいと思っています。Photo_5

もう「寒中見舞い」シーズンですが、どうか今年も宜しくお願い致します。

T.D.

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »