« 山が動いた・・・ | トップページ | 堂上直倫、威風堂々 »

2006年9月 9日 (土)

日本版オーマイニュースの迷走

韓国では大成功を博して、ソフトバンクの出資を受け、鳥越俊太郎氏を編集長に据えて大々的にスタートした日本版OhmyNews。各方面で炎上している様子です。

これは、単に鳥越編集長以下のスタンスが偏向しているとか、不毛な「ウヨサヨ」論争に終始しているのがまずいとか、実名か匿名かの問題とか、記事のクオリティにバラツキがありすぎるとか、ネタ記事・釣り記事が多すぎるとか、既存メディアの記事をそのままコピペしているとか(毎日・磯野さんのブログによるとOhmyNewsは確信犯のようです。コメント欄参照。)鳥越編集長にネットに関する知識がないとか偏見があるとか、システムが脆弱だとか、実装されるべき機能(TBとRSSはどうにかならないか。また、記事・記者検索機能も…ほとんどブログですが)がないとか・・・の個々の単独の問題ということではなく、それら全てがケミストリーを醸成して、「ネタ空間」化しています。コメント欄は2chの名無しさん投稿ラッシュを見るようですし、2chからフィードを集めるために「わざとやっているのではないか」(「話題作りかと思った」)とのガ島通信さんの指摘も頷けるものがあったりもします。

先行事例である「JANJAN」「ライブドアPJ」について「読んでいない」と鳥越氏が発言してしまうくらいですから、まあ認識が甘かったのかと思いますが。まだ始まったばかりではありますが、このまま続けていてもPVは獲得できても肝心の広告主は獲得できるのか営業的懸念も拭えません。

鳥越さんの発言を聞く限り*では2chフィード戦略は、どう考えてもただの結果論にしか見えませんが、PV確保も一過性のトラフィックに終わらないか早くも正念場という気がします。「異なる意見が戦う場に」なれるのか見守っていきたいと思っています。

*9/2に早稲田大学内で公開シンポジウムがありました。その様子はBigBangさんのレポート(12)が詳報しています。また、H-Yamaguchi.netさんのエントリーにてMP3音源ファイルをアップされています。(OhmyNewsのシンポジウム記事はこちら。)

|

« 山が動いた・・・ | トップページ | 堂上直倫、威風堂々 »

コメント

オーマイニュースって、たしか素人参加型ニュース・メディアだったっけか
韓国では「成功した」という触れ込みできたのは知っているけど
いったいどう成功したのか、韓国語も読めないし、把握できていないです
なにを持って成功なのか?
日本ではソフトバンクが出資?そんなんで独立性は保てるのでしょうか?
というか、市民新聞スタイルのようですが、そもそもちゃんと独立・自律性のあるものとして韓国では成功したんすかね
以前、わずかにイチ記事を読んだことがあるだけなんだけど、
いわんとせんことはともかく、文章がひどすぎて目もあてられなかったことあり(記者は斉藤貴夫だったけか?)
自律性を保って、かつ市民の手で精度の高い記事 むずかしすぎないやしないかな?

投稿: あむ | 2006年9月11日 (月) 22時50分

ちょっといま覗いてきて愕然・・・
中村指導やらハンカチ王子やら、わざわざ市民の手で記事にせんでええような記事がうじゃうじゃ・・
日産スタジアムの事件は読むに価しそうだけど、掲載も厳選しないと話にならんぽですね
編集長の鳥越はちゃんとチェックいれてるのかな?
ニューススタイルではなく、ルポ&評論だけでやればいいのに

投稿: あむ | 2006年9月11日 (月) 22時56分

あむさん、どもです。

確かに韓国での成功という触れ込みは、ノムヒョン政権の誕生に影響を持ったとか(他のメディアに先んじてノムヒョン新大統領にインタビュー成功)などの社会現象を起こした、というのが主な内容で、財政的にはどうなんでしょうね。そこは確かに疑問はあります。

日本法人はソフトバンクの批判記事も書くと鳥越氏は言ってはいますが、どこまで「営業と報道の分離」ができるのかの判断はこれからですね。広告主がソフトバンクとサントリーの2社しかないので。

それから、記事のクオリティ・内容のバラツキはありますね。ひどいものになると記事が文章の途中で切れていたり、ブログと同内容の記事を同じ記者が再利用してたり・・・あとは、ニュースとも言えないコラム風の投稿が多いとか(これだったら別にブログで構わないような内容ですねぇ)。今はまだ物珍しい目で見られていますが、このままだと飽きられるのも早いように思います。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2006年9月12日 (火) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/11832876

この記事へのトラックバック一覧です: 日本版オーマイニュースの迷走:

» オーマイニュースは燃えているか? 〜「誰でも参加」のドグマから抜け出せ [すちゃらかな日常 松岡美樹]
 ひさしぶりにブログ界をのぞいてみると、オーマイニュース日本版をめぐって騒ぎが起きている。9月2日(土)には鳥越俊太郎編集長以下、編集部サイドとブロガーらが討論するシンポジウムも開かれた。そこでの編集部側の発言を拾ってみると、「誰もが参加できる媒体を」という呪縛に囚われているように見える。いわゆる「参加型ジャーナリズム」の限界が、まさにこれだ。  たとえばシンポジウムの内容をレポートした「ブロガーX�... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 13時19分

» オーマイニュースに下心はないのか? [世界一小さい新聞]
韓国の市民参加型インターネット新聞「オーマイニュース」日本版が 昨日8月28日に... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 13時58分

» オーマイニュースってどうよ。 [MonoNews]
オーマイニュースの可能性ほぼ消滅か [ブログ時評63] - ブログ時評 鳥越俊太郎編集長の発言「僕はJanJanもライブドアニュースも見たことが無いのでわかりません。(会場凍る)」 昨日、ぐらいにレポ見たんだけど、これはないだろって思った。 安易に編集長、引き受けす...... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 16時57分

» oznkuxne [oznkuxne]
oznkuxne [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 07時23分

« 山が動いた・・・ | トップページ | 堂上直倫、威風堂々 »