« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月26日 (火)

福田永将、見参!

よく3順目まで残っていたな・・・が正直な感想。地元で1年から見ていましたが、これは逸材です。選抜優勝もありました、キャプテンとして涙を呑んだ最後の夏もありました。Thukuda

でも、この逸材揃いの横浜高校の主役は、間違いなく福田捕手でした。高校通算49HRが伊達でないのは、この目で見た私が保証します(笑)。横浜高校出身の選手を多く指名しながら、戦力になっているのは高橋光信ばかり。「右の四番」候補だった幕田選手も数々の逸話を残しながら、ユニフォームを脱ぎました。

それでも、福田は本物です。ようやく「ポスト谷繁」に名乗りを挙げるに相応しい選手を、ドラゴンズは獲得したようです。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年9月25日 (月)

堂上直倫、威風堂々

阪神、読売、そして我らが中日、セ・リーグの人気球団3チームから一位入札を受けた堂上直倫内野手(愛工大名電)は、現在「昇竜館」館長ので中日OBの父・照さん、現在、「予備軍」で鍛えられている兄・剛裕選手との関係もあり、かつ、地元愛知の人気・実力を兼ね備えた久々の大物選手であって、喉から手が出るほど欲しい選手であった訳です。Photo

話題性はさて置き、今夏の甲子園では怪我の影響もあり振るわなかったものの、堂上選手は、その煌きによってファンを魅了する選手になることは間違いなかろうと-当時の野球ファンが長島茂雄に思いを重ねたように-思わずにはいられない。何より、ユニフォームが似合い過ぎるというのが堪らない。スタジアムで観たいと思わせる要素満載である一点で、スタジアムで「どのうえーっ!」と叫べる日を思うと、軽く戦慄を感じるのです。

「野武士軍団」の再来を、去年の平田選手共々グラウンドで輝いて欲しいものです。公約であった「右の四番」候補を平田に続いて手に入れた落合監督はつくづく引きが強いと感じます。そして当たりくじを引き当てた西川社長GJ!なのであります。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2006年9月 9日 (土)

日本版オーマイニュースの迷走

韓国では大成功を博して、ソフトバンクの出資を受け、鳥越俊太郎氏を編集長に据えて大々的にスタートした日本版OhmyNews。各方面で炎上している様子です。

これは、単に鳥越編集長以下のスタンスが偏向しているとか、不毛な「ウヨサヨ」論争に終始しているのがまずいとか、実名か匿名かの問題とか、記事のクオリティにバラツキがありすぎるとか、ネタ記事・釣り記事が多すぎるとか、既存メディアの記事をそのままコピペしているとか(毎日・磯野さんのブログによるとOhmyNewsは確信犯のようです。コメント欄参照。)鳥越編集長にネットに関する知識がないとか偏見があるとか、システムが脆弱だとか、実装されるべき機能(TBとRSSはどうにかならないか。また、記事・記者検索機能も…ほとんどブログですが)がないとか・・・の個々の単独の問題ということではなく、それら全てがケミストリーを醸成して、「ネタ空間」化しています。コメント欄は2chの名無しさん投稿ラッシュを見るようですし、2chからフィードを集めるために「わざとやっているのではないか」(「話題作りかと思った」)とのガ島通信さんの指摘も頷けるものがあったりもします。

先行事例である「JANJAN」「ライブドアPJ」について「読んでいない」と鳥越氏が発言してしまうくらいですから、まあ認識が甘かったのかと思いますが。まだ始まったばかりではありますが、このまま続けていてもPVは獲得できても肝心の広告主は獲得できるのか営業的懸念も拭えません。

鳥越さんの発言を聞く限り*では2chフィード戦略は、どう考えてもただの結果論にしか見えませんが、PV確保も一過性のトラフィックに終わらないか早くも正念場という気がします。「異なる意見が戦う場に」なれるのか見守っていきたいと思っています。

*9/2に早稲田大学内で公開シンポジウムがありました。その様子はBigBangさんのレポート(12)が詳報しています。また、H-Yamaguchi.netさんのエントリーにてMP3音源ファイルをアップされています。(OhmyNewsのシンポジウム記事はこちら。)

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006年9月 2日 (土)

山が動いた・・・

「山が動いた。これで水も流れ出す。動かしたのは選手だ」との落合監督のコメント通り、一つの節目は超えたかな、と。昌さんも踏ん張りましたし、福留の逆転打、立浪選手のスリーベースで追加点。これはいい流れだな、と思う訳です。もう水は流れ出しているんじゃないでしょうか。0902dragons_kyd02829g060902t

山本昌投手にも立浪選手にも、ぜひ日本一を味わって頂ければと、切に願うものです。そして、一ファンとして体験する初の日本一に、既に盛り上がっています。そしてシリーズの対戦相手は福岡ソフトバンクホークスを逆指名です。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »