« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月 5日 (水)

三浦博史『洗脳選挙』

著者は国内初の選挙プランニング会社を設立し、2000年以降は選挙戦で連戦連勝(自称の言わば「選挙のプロ」。

その「選挙のプロ」が選挙の内幕を余すことなく語り尽くす筈はもとよりないのですが、ずばり「プロパガンダ」をキーワードに、自身が係った新潟県知事選、神奈川県知事選等について、投票行動分析というよりは、「ちょっとしたノウハウ」を紹介している点が目立つように思います。

但し、政党CM分析、各党別の新聞社・TV局への広告出稿を独自集計している点はそれなりに興味深いものがあります。ケリーVSブッシュの米大統領選も俎上に載せ、そのメディア戦略を語っていますが、1984年のレーガンVSモンデール辺りからTV主体のイメージ戦略選挙は確立されつつあり、日本は遅れること20年、ようやくTV主体の選挙戦が繰り広げられることになったと言うことかと思わされもします。

良くも悪くも選挙結果は民度の反映であり、政策議題に対する理解が乏しい国民には、「手短に(ワン・フレーズ・ポリティクスはTVに最適化した戦略です)」「粘り強く」説得するイメージを繰り返し効率的に見せることが有効です。まるでゲッベルスの『宣伝の威力』のようですが…。

公選法上の問題もあるのでしょうが、ネットが選挙に与える影響は-昨年の衆院選を見る限り-軽微と言えそうです。各種調査では、投票意思決定に与える最も影響力のあるメディアはTVであることは明らかになっています。政治家のイメージおよび知名度は、その業績に比して重視される傾向はありそうです。

その意味では本書で記述されていることはおおむね首肯できる傾向を掴んでおり、つくづく民度の重要性を考えさせられます。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 4日 (火)

朝倉完封!

久々のドラゴンズネタです。朝倉健太が4年振りに完封勝利(4年前のゲームは神宮で観戦していた記憶があります…)を挙げました。安心して見ていられました。オールスター監督推薦も決まったことですし、いよいよその才能を開花させる時期が来たのかと思います。News

それにしても…読売はどうしたんでしょう。李スンヨプ以外は怖さを感じないといいますか、去年までファームの選手、元パリーグの選手多過ぎ、どこのチームだか分からないような状況です。打線が「線」になっていません。これまでの大量大型補強大量解雇のツケを払っているのでしょうが、ちょっと見るに堪えないものがありました。物心ついて野球を見始めてからこんな読売は初めてです。何とも一抹の寂しさを感じます。「テコ入れは来年」とは渡邉会長ですが、また大型補強をしてチームのバランスを崩してしまうのでしょうか。余所のチームのこととは言え、何とも心配なのですが…。

ともあれ、ドラゴンズとしてはボーナスステージ(失礼!)でしっかり貯金したいものです。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2006年7月 3日 (月)

中田英寿-ひとつの時代が終わった

初めて中田というサッカー選手を意識したのは、1993年、U-17世界選手権のこと。あの財前宣之(現・モンテディオ山形)が背番号10を背負ったチームの一員としてだった。試験的にキックインが導入された選手権、韮崎高校の中田も光っていましたが、それよりも財前の鮮烈さが印象に残っていました。

財前は、十字靭帯を三度も断裂するという危機を乗り越えて、J2で淡々とプレーを続けています。一方、中田は、周囲(主にマスコミ)との軋轢を抱えながらベルマーレで着実にファンタジー溢れるプレーを続け、加茂ジャパンで衝撃の日韓戦代表デビューを飾ります。Images_3

以降、あの「ジョホールバルの歓喜」からペルージャでの縦横無尽な活躍、3度のワールドカップ…この間の日本のサッカー史は中田と共にありましたし、中田英寿なくして日本代表がここまでの成果を挙げることはなかったでしょう。財前は試練にも耐え淡々とサッカーを続け、中田は惜しまれてピッチを去ります。

それぞれの人生、外野が忖度することはないでしょう。ただ、輝いていたサッカー選手・中田英寿を、この10年間を、私は忘れない。中田選手、本当にお疲れ様でした。

T.D.

| | コメント (3) | トラックバック (29)

2006年7月 2日 (日)

オシム・ジャパンに期待する

ジェフ・オシム監督の日本代表監督就任が確定的になりました。外地で川淵会長の「人生最大の失言」(意図的リークだったと私は思っていますが)から急転直下の事態でしたが、カピタンのきっかけが『オシムの言葉』を読んで感動したから、ということはともかく(ジェフのゲームを観て欲しい)結果的には、願ってもいない(いや、正確には私は以前から「オシム待望論者」でしたが、JFAはオシム監督を選択しないだとうと思っていたので)代表監督だと思います。

リアリストとしてのオシム監督は日本サッカーを取り巻く状況に警鐘を鳴らしていますが、イビツァ・オシムという人は「リアリスト」などの一面的なキャプションでは捉えられない魅力的な人物です。その志向するサッカー、それを実現させる手腕も折り紙つき。「走るサッカー」などとこれまた一面的なキャプションを拒否する懐の深さを併せ持っています。

JFAはオシム監督に代表監督要請はしないだろうと思っていましたが、オシム監督の信奉者である反町・五輪代表監督が内定した際に、ひょっとしたら…と淡く期待していました。これで、A代表から各年代別代表との「断絶」も解消されることでしょう。

結果として、大幅な世代交代が進むことも、メンバー固定で主力の高齢化が心配されていた代表には大きなプラス。JFAの対応がジェフに対する誠意を欠いていたことは確かですが、ジェフの選手たちの冷静な対応を見ていると、オシムイズムの浸透を頼もしく思いもします。

松井と本山と阿部中心のオシムジャパン(選手選考は意表を突くものになるかも知れません、楽しみです)を早く観てみたい思いです。2010年に向けて、厳しいけれど楽しみな冒険が待っています。

T.D.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

東尾の心臓を射抜く落合博満

You Tubeで拾った動画ですが…話に聞いていたことはあったのですが、これほど見事なものとは…。西武・東尾投手からの頭部へのビーン・ボールに倒れるロッテ・オリオンズの落合選手。その後、東尾の心臓に向かってピッチャー・ライナー!東尾顔面蒼白。現役時代の落合選手の凄まじいバット・コントロールをまざまざと見せつけられます。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »