« 『ジョゼ・モウリーニョ』 | トップページ | 東尾の心臓を射抜く落合博満 »

2006年6月23日 (金)

健闘虚しく…

サッカー日本代表、残念でした。思えば、ジーコ・ジャパンが誕生した直後、私はシンガポールにいました。空港への帰路に向かう途中、マレー人のタクシーの運転手さんと、どういう訳かサッカーの話になりました。

「日本は、次のワールドカップ、優勝しますよ!」と言われた私は、思わず、「どうして?」と脊髄反射しつつ問いかけていました。すると…「だって、ジッコが監督なんですよ!あの素晴らしいジッコが!日本は優勝すると思ってますよ」・・・日本人向けのサーヴィスと思いつつも、改めてジーコのネームヴァリューの大きさを実感しながら、「ありがとう」と答えている私がいました。

あれから4年も経ったのか…と時の流れの速さを感じながら、ボーイ・ジョージの歌声が微かに聞こえるタクシーのことを思い出します。日本代表の挑戦は残念な結果に終わりましたが、あのポルトガルでさえGL突破は40年振りとか…。プロリーグができてまだ10年余の日本にはGL突破も重い課題だったのかも知れないと、思ったりします。

T.D.

|

« 『ジョゼ・モウリーニョ』 | トップページ | 東尾の心臓を射抜く落合博満 »

コメント

うぁぁ・・・ポルトガル代表の話聞くと、ワールドカップのスゴさをあらためて認識させられますね・・
日本代表は、Jリーグが発足し、ドーハ、フランス、そして2002があり、あまりにも見事なステップアップぶり
1回どこかでこういうのを経験しないと、ほんとうの「怖さ」を知らずにまた次にのぞむところだったのかも
今回を良い教訓にできるかは、これから4年間の課題ですね
代表は監督だけでなく、国内リーグの強化なども重要です
やらなければならないことは山積み
今回の4年、最初の標榜した宿題をいったいどのくらいクリアできたのか
もういちど見つめなおして、あらたな目標設定をして再出発といきましょう!

投稿: AMNESIac7 | 2006年6月23日 (金) 21時57分

あむさん、どもです。

>今回を良い教訓にできるかは、これから4年間の課題ですね
>代表は監督だけでなく、国内リーグの強化なども重要です
>やらなければならないことは山積み
>今回の4年、最初の標榜した宿題をいったいどのくらいクリアできたのか
>もういちど見つめなおして、あらたな目標設定をして再出発といきましょう!

激しく同意です。Jリーグのレベル・リーグとしてのステイタス向上(AFC他)で、選手層は底上げされてくると思うので・・・その上でA代表-五輪代表-U20-年代別、と一貫性のある強化方針とか、ですね。仮に(願望込みで)オシム監督誕生なら反町さんとの連携は良さそうですね。

やはり何と言ってもJリーグでも底上げですね。連続してワールドカップに出場し続けることでさえ、簡単なことではないとポルトガルの例などを見ても思う訳ですが、まずはこの4年間の総括をきちんとして欲しいなと思います。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2006年6月24日 (土) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/10649601

この記事へのトラックバック一覧です: 健闘虚しく…:

« 『ジョゼ・モウリーニョ』 | トップページ | 東尾の心臓を射抜く落合博満 »