« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月26日 (日)

堀江メール騒動で考えたこと

ブログブームは去るのだろうが、面白くなるのは実はこれからだろうなどと分かったような分からないようなことを過去に書いていましたが、実のところ、これだけ「何かを表現したい」人達が数多いことに驚いてもいたりします。アメリカ大統領選で例の「ラザーゲート事件」が発生した際に、あちらではその文書の真贋をめぐってごく一般の市民(と言うかブロガーでしょうか)がああでもない、こうでもないと、物凄い勢いと分量で論証したりしていました。

あ、日本ではこういうことは起きないな、とその時は思っていました。ここまで事細かに何かを検証して熱く議論を交わすようなことはないだろうと。勿論、パソコン通信の昔から「ネットバトルはネットの華」であった訳ですが、あれはどちらかと言えば罵詈雑言のスパイラルのようなもので、感情論に終始するものが多く、ネットと罵詈雑言は親和性が高いのか程度の認識でしかなかったので。

で、話は例の民主党永田議員の持ち出した「堀江メール」の真贋論争に移るのですが、まあ、かなり事細かに検証しているブログも多い(発信元は2chかと思いますが)。そうなると「これは日本版ラザーゲート」なのかと言うと、似たような話ではあるけれども、何か違う。ラザーゲート事件は「市民(ブロガー)がCBSのニュースキャスターを降板させてしまった→市民発メディアが本職のマスコミに打撃を与えた」ことであって、日本でも、俗に言われる「マスゴミ」批判は散見されるものの、それは新聞記者の匿名ブログが炎上するとかの類であって、いわゆる「祭り」の類であり、「いつかどこかで見たような光景」のような気がしていました。今回の「堀江メール」は、それが一見して怪しいだろうと思われる物件であった点で、「祭りの予感」をさせるものであって、「やはりどこかで見たような光景」なのだなぁと。

無論、アメリカで起こっているようなことと同質の事象が発生しても、そこにはどこかローカル・ラグのようなものはあるのだろうから、どちらが良い悪いと言うことでもないのですが、ただ、「どこかで見た風景」も少し変貌を見せていることは、確からしいと思ってもいます。

どのような形であれ、まとまった論考を行おうとする傾向の高まり、とでも言うのでしょうか。それなりに多数の市井の人々が、やはり何かを文章で表現したい欲求を持続的に持っていることが-私もまさにその一人です-驚きだった訳でして。自分で書いておいて驚いてどうすると言う話ですが。

ネットにおけるサーヴィスにはある程度の「寿命」があるとは思うものの、意外とこれは何らかの形で続いていく傾向にあるのかも知れません。しかし、問題は、これはこのまま野放しにはされないだろうな、と言う予感も同時に感じていることです。ネット人口の増加に伴って、当初はアンダーグランド性を持っていたものが、ごく普通のメディアとして存在する。そこには、名誉毀損の予兆を感じさせたり、公序良俗に反する内容のものもあるでしょう。

実際どの程度ネットが、例えば選挙の投票行動に影響を与えているのかと言えば、それはまだ軽微なものでしょう。先の衆院選でも、TVの影響力の方が強かったことは各種調査などから確かです。但し、今後はそうでもないかも知れない。ゆえに、各政党もブロガー座談会のような地ならしをすることが行われつつありますし、公職選挙法におけるITの扱いも法改正される。そうなりますと、これは何らかの制限が一般のブログにも課されることになるかな、と思います。以前、総務省の学校教育での実名(または固定ハンドル)のブログ、SNSを用いたメディア・リテラシー教育に関する報告を出したとか出さないとかの話をさせて頂きましたが、それが社会的影響力を与えるほどに無視できない存在になったということであれば、あながち有り得ない話ではないかとも思います。

その意味では、中国の管理政策は実は「先進的」(肯定している訳ではありません)なのかも知れない。それだけ中国政府はネットの影響力を重要視していることの証左だからです。国民総IP制のようなこともあながち無い話ではないのではないかと思うのです。他の先行コンテンツでも有害指定等がなされていることからも、不自然な話とも思えない。それが良きことかどうかとは別論ですが、ネットに対する何らかの制限を課される、あるいは強化されるのではないかと、漠然と思います。話題になったEPIC2014は、その意味で、ネットに対する夢を見過ぎている印象を持ちます。(恐らく、実際にそのようなことがあれば、訴訟の段階でEPICは、敗訴するでしょうから、シナリオとしても巧くできたものではないと思いますが…。)

T.D.

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年2月19日 (日)

収穫の勝利(対フィンランド)

フィンランド代表がどの程度の布陣だったのか?は残りますが、私は満足できる内容でした。小笠原の超絶ゴールも、村井(は三都主ともっと競わせても面白そうです)も坪井も巻も、勿論、久保も。小野も随所随所で出色でしたね。

問題は、ある程度以上の相手とトップフォームで当たった時にどうなのかという点は依然としてクリアになっていないというところですが、欧州組(松井、そして平山も要招集)加入後の代表を観たい、そう思わせるゲームでした。

| | コメント (4) | トラックバック (14)

2006年2月18日 (土)

電気用品安全法

電気用品安全法が俄かに話題となっています。元々は、平成13年に施行されたこの法律、PSEマーク記載のない特定電気用品の製造および販売が規制されることとなっていました。

製品販売猶予期間として認められていたもののうち、最短猶予期間(5年)が、この3月31日に終了します。この4月1日から、電気用品安全法によって一部の電気機器はPSEマーク記載のないものは販売ができなくなることになります。

ポイントは、新品だけではなく中古品にもこの規制が及ぶこと。中古品取引の分野では、ヴィンテージモノのオーディオ機器・レトロゲーム製品の販売はできなくなることに。

坂本龍一さんも、このコトの重大性に気付いて、反対の意向を表明されています。全くキャッチアップしていなかった法律でしたので、よくよく精査したいなと、思っています。こちら、またはこちらなど、まとめサイトとしては参考になるかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (46)

2006年2月14日 (火)

そうだ、奈良へ、行こう。

和辻哲郎『古寺巡礼』、これは、新しい本です。何が新しいといって、倫理学徒であって近代人の和辻が奈良の古寺仏を現在進行形で記述する、その方法が、です。

奈良は、単なる「古都」という名の歴史的文物としてだけ存在するのではなく、事実、何度も焼乱を経て再興されていて、和辻は、そうした奈良を「発見」していきます。

発見者は、どこか美しい。 『風土』でモンスーンと日本的心性を、『鎖国』では鎖国にスポットを、商人としての日本人を発見したのも和辻でした。私も、常に発見者でありたいと、思わされる一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月11日 (土)

微妙な敗戦(対アメリカ)

サンフランシスコSBCパークでのアメリカ代表とのフレンドリーマッチですが・・・。

前半は3-6-1で臨んだジーコジャパン、懸念されていたように(?)巧く機能していない様子。

そして3-5-2の後半、どうにかこうにか、ロスタイムで1点差まで追いついたことはポジティヴに考えたいところです。巻も得点は大いに評価したいところですし、期待の佐藤寿人、長谷部、阿部といった辺りもも悪くはない動きを見せていました。

このゲーム結果が、明日につながる敗戦であることを期待していますが、問題は、ジーコ監督が、3-6-1にどこまで拘るのかにかかっている予感がして、何だか不安を覚えない訳ではない、と言うか微妙ですねぇ。

T.D.

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年2月10日 (金)

ひとつの時代が終わった。

小倉隆史の引退。言葉がなかった。忘れられないシーンが走馬灯のように駆け巡った…。

小倉は、その悲運の故だけでなく、紛れもなく日本サッカーの逸材でした。でも、運命は残酷で…それでも小倉だった。まだピッチを駆け回る小倉が見たかった。今はただ、お疲れ様でした、そしてありがとうと伝えたい。指導者を目指すと言う小倉が、グランパスに戻ってくる日を、今から楽しみに待っているから…。

T.D.

| | コメント (6) | トラックバック (33)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »