« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月27日 (金)

ライブドア問題考

堀江前社長以下4名が逮捕されたからのライブドアの対応は極めて早いものでした。社長には弥生社長だった平松氏が、代表取締役には熊谷氏が就任、堀江氏らの復帰は「ない」と明言するなど、市場はライブドアの素早い動きを好材料と判断した模様です。

それにしても平松氏はあの渡邊恒雄氏が読売新聞ワシントン支局長を務めていたときの部下。渡邊氏は、平松新社長の仲人も務めるなど旧知の間柄、ライブドア再建に前向きな姿勢を見せています。早くも実現したフジテレビ・日枝会長との「お詫び」トップ会談でも、フジテレビサイドから好感触を引き出せた模様。

平松新社長は、読売OBですが、ソニーAOLジャパン社長→弥生会計創業と、確かに豊富なビジネス経験の持ち主で、それにつけても読売の社風なのか、OBにはジャーナリストとして活動している人が大勢を占める朝日・毎日OBとの差はその辺に感じます。徳間書店も読売OBが設立しましたし、グループで言えば、元SME社長にして元レコ協会長の丸山茂雄氏もそう。興味深いグループのあり方であるのは確かのようです。

さて、今回の株式市場を襲った所謂「ライブドア・ショック」にネットバブル崩壊「光通信ショック」を重ね合わせた人は多かったことでしょう。しかし、あの光通信でさえ、現在復活を遂げていることを考えれば、ライブドアがこれで終わった訳ではなかろうと(現に株価は下げ止まっていますし)思われます。ライブドア最大の広告塔にしてコンテンツであった堀江氏と財務戦略のキーパーソン・宮内氏の逮捕劇は痛手ではあるでしょうが、実はかなりの有形無形の資産は保有している会社。「切り売りはしない」(平松新社長)ことを明言している以上、関係各社との信用回復に努めれば、「被害」は最小限で済みそうです。

個人投資家に多大な損害を与えたとの話もありますが、それが犯罪であるか否かは裁判の審理で明らかにされる事柄であるにせよ、例の「株式100分割」(これ自体は業界から多大なバッシングを浴びましたが、違法ということではない)にせよ、「アグレッシブな」財務的解釈で資産運用を行っているのだろうなぁと言う「ごく常識的な」判断は一般投資家とて可能だったはずであり、ライブドアが犯罪行為に手を染めていたにせよ(裁判の行方を見なければ判じ難いことではあると思います。そもそも経済事犯は複雑です)その可能性も含めて、株式投資は自己責任の下で行われるべきものです。当然、その反面、企業は情報開示に努めなければならないこととなる訳ですが。

ただ、平松新体制の素早い動きを見るにつけ、ライブドア株式を放出した人は判断が早過ぎたのではないかと、余計なお世話ながら思います。本当に、ライブドアのビジネスの潜在性をどこまで評価していたのか。(私はかつて楽天騒動には興味が持てない、と日本の「IT企業」の現状に対する不満を漏らしましたが、具体的サーヴィスの内容からして、ライブドアの方がまだしも「技術志向」ではあると思います。)トップが逮捕されても法人という企業体は存続する訳でして、ライブドアは堀江氏の今や個人商店ではない現状からして、コトの推移を見守った方が賢明ではなかったかと。大きなお世話ではある訳ですが…。マスコミ・政治家も含めて「掌返し」するのはみっとも良いとは言えないと思われます。「推定無罪」と言う建前もありますし。

それにしても分からないのは、直接は関係のない他のIT企業の株価も軒並み下がるという現象が起きたこと。付和雷同というのでしょうか。その株主たちが、今まで何故その株をholdしていたのか、私にはさっぱり分かりません。「時価総額経営に対する批判」も散見されますが、それは法律問題ではなくて、経営手法に対する疑義と認識しています。確かに、一般的には、業容の拡大ペースに応じてM&Aを行った方が、合理的である場合は多いですし、一体どこまで堀江氏は行くのかと関心を持って眺めていました。株は買いませんが。

個人の金融資産がこれだけだぶついている現状、株式市場への資金流入は不可避でしょうし、ライブドアをめぐる一連の騒動が、それに水を指すとは思いません。むしろ、これまでもシステムトラブル続きの東証が心配です。ライブドアの上場廃止問題よりも、東証には取り組むべき課題が山積しているように思います。東証には、健全な新興株式市場のために、猶一層の奮励努力を期待したいところです。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年1月25日 (水)

『国家の罠』再考

以前のエントリーで採り上げた『国家の罠』(佐藤優著・新潮社)について、ライブドアに対する捜査に関する議論が喧しい現在、改めて考えてみました。

確かにこれは「よくできた」書物ではあると思います。読み物として磁力があります。切り口も鮮やかですし、書物としての『国家の罠』に対する評価は変わりません。ただ、これをもって「国策捜査」を論じると、ややおかしなことになるだろうとは思う訳でして、この点は、今回のライブドア捜査を見るにつけ痛感しました。

そもそも、佐藤優氏は、一方当事者(刑事被告人)でして、これに対して他方当事者である現職検事が異を唱えることは、その立場上も起こり得ない話です。ですから、これは「一方当事者からの告発」ではあり得ても、当然ながら、客観性は担保されたものではない訳です。検事調書作成の過程では、膨大なやり取りが担当検事との間であった筈であり、如何に佐藤氏が(自ら語るように)ある種の記憶術の訓練を経た人であっても、抽出される事柄は捜査の全容そのものではあり得ず、「本件は『国策捜査』である」という大前提から導き出される事物に限定されることになります。

また、佐藤氏の立ち位置を考えれば、他方当事者(担当検事を含めて検察庁)が異を唱えることはしないであろうことは織り込み済みで(告発本としては面白い書物であってもフェアではないと言うこと。真実性の観点からも疑義は残ります。どこまでが事実なのか?)「私は(また、鈴木宗男氏は)『国策捜査』の犠牲になったのだ」との印象を読者に植え付けることには一定程度、成功しているようにも思えます。非常に聡明な佐藤氏のこと、読者層のリテラシーも計算に入れていたかもしれません。ただ、そのことと、本件が「国策捜査」なるものであったかは別の問題です。

佐藤優氏の筆力は端倪すべからざるものがありまして、この書物が従来の「検察告発本」とは異なった趣を持っているのはそのためですが、読者としては、事象を俯瞰で眺めて、何が問題とされるべきかを考える切欠としたいと思っています。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

エメルソン逮捕の件

浦和レッズエメルソン逮捕の報が。容疑は年齢査証のパスポート所持、リオデジャネイロ国際空港で身柄拘束されたそうです。で、パスポート記載年齢は24歳(これはレッズ在籍時と同じ)。実は27歳だったとのこと(唖然)。

エメルソンは地元TVの取材に答えて曰く、「間違っているとは知らなかった。ミスがあったなら修正する」。うーん、ブラジル基準では「ままある話」なんでしょうか?さすがにそんなことはないと思いますが…。

T.D.

| | コメント (2) | トラックバック (16)

松井大輔の季節

ル・マン松井大輔が2得点を挙げました。この選手はまさに旬の時期にワールドカップイヤーを迎えるタイミングを待っていたかのように、着実にフランスリーグに溶け込んでいるようです。明らかによくなった玉離れ。やんちゃなドリブラーは、得点感覚にも優れたファンタジスタへと、変貌しています。1130091460


松井大輔の今後に、目が離せません。新・黄金の中盤の核は、松井大輔でしょうから。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月21日 (土)

雪降る横浜

一面の積雪。センター試験にも影響ありそうです。明日は早々に雪かきですね…。yuki


T.D.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キング始動

カズさんですが・・・横浜FCでは高木新コーチと選手権監督補佐の立場で再び往年のツートップ復活の様相です。選手兼任はJリーグの規約上認められていないとのことで、事実上の「兼任監督補佐」ということのようですが、そのモデルはクロアチア・ザグレブ退団後にスコットランドリーグとの交渉期間中にハイバーニアンの練習に参加、その際にいわゆるキャプテンとも異なるクラブキャプテンの存在が意中にあるようです。KFullNormal20060121103_m


オレンジ色のロングコート、そしてトレードマークのボルサリーノで決めながら「ちょっと地味かな」と語るキング、何とも余裕ですね。今年も期待しております。

T.D.

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006年1月20日 (金)

キューバ代表は断固として参加させるべきである

米国財務省がWBCへのキューバ代表参加を拒んでいることは、スポーツ・イヴェントに政治を持ち込む暴挙に他ならない…のですが、政治がしばしばこれに類するイヴェントに影をさしてきた過去があることも事実。しかし、キューバ代表の野球は、それがキューバ人がプレーしていることを問題視するのが自体些細なことだと思えてしまうほどの、身体能力の発散と緻密なプレースタイルを目にすることができます。

そう、全盛時のオマール・リナレスが発散していた、スポーツ以外のものは持ち得ない強力な磁力です。キューバ代表のショートストップ、パレの走塁・フィールディングを目にするとき、イデオロギーも国籍もその他の背景を超えて、紛れもなく「ベースボール」が行われていることを我々は眼にするのです。第一回WBCを素晴らしいイヴェントとするためにも、キューバ代表は何としても参加することができるよう、期待するものです。

T.D.

(追記 1/21):米国財務省がキューバ参加を許可したとの報。やはりキューバがいない野球の国際大会は寂しいものがあります。最悪の事態が回避されたことに安堵します。

| | コメント (9) | トラックバック (21)

2006年1月15日 (日)

あくまで立浪には期待する

今年最初のドラゴンズネタ。立浪選手が(恐らく初めて)「3000本安打」を口にしました。言うまでもなく、張本勲さんしか日本球界では達成していない金字塔といって良い数字です。落合監督の「空いているポジション」にはサードも入っており、森野選手他との苛烈な競争は待っているのでしょうが、まだまだ立浪には期待したい。だって、ミスター・ドラゴンズですから。t-tatunami


亡くなられた近藤貞雄さんに関しては、多くの思いが去来してします。そのことで一つエントリーを書こうかと思いながら、書き切れないのが実情です…。謹んで哀悼の意を表します。近藤さんのことを決して忘れないという思いだけが残っています。どうか安らかにお休みになられますように…。

T.D.

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年1月13日 (金)

WBC、イチローに思う

ヤンキース・松井、ホワイトソックス・井口がWBC日本代表を辞退する中、今、イチローが熱い。WBCMLB主導のイヴェントで、様々な問題を抱えていることは事実でしょう。ただ、世界最大のイヴェント・FIFAワールドカップも、第1回から順調だった訳でもなく、「ジュール・リメ杯」も様々な問題を抱えつつ歳月の重みに耐え、ここまでのイヴェントとなったことは事実で、スタートアップの時点では、(辞退者に関しては残念ですが)まぁそんなものかな、とも思います。KFullFlash20060112040_m

今後、WBCがどこまでのビッグ・イヴェントになり得るのかは未知数です。ベースボールは、まだまだ国際的にマイナースポーツであっても、将来のことは、誰にも分からないのですから。第1回もなければ、次もないということ。その意味で、私は敢えて渦中の栗を拾った王監督に最大限の敬意を表したい、と同時に、イチロー選手の心意気やよし、と思います。

T.D.

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年1月12日 (木)

平山覚醒!

4試合連続先発出場の平山相太3試合連続ゴールを決めました。これが決勝点に。6点目ですか。小倉隆史がエクセルシオール時代、2部とは言え11得点。トップリーグではペルージャ1年目の中田英寿が10得点。単純比較しても意味がないものの、軽く超えそうな勢いです。06011301s_hirayamaKYD00238G060112T


オランダWYでの動きを見て「大学サッカーで劣化が激しいのでは…」と危惧していたのですが、レヴェルの高いところでプレーすれば、それなりに結果を出せてしまうあたり、さすがの素材なのでしょう。代表入りはどうなるのか分かりませんが、北京オリンピック、南ア・ワールドカップに向けて充分期待できそうではあります。問題は誰が次期代表監督を務めるのかですが…。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2006年1月10日 (火)

小倉隆史、気になるその後

ヴァンフォーレ甲府から戦力外通告された小倉のその後が気になっています。四中工時代から私にとっても注目の選手であった小倉。レフティ・モンスターの名に相応しい図抜けたプレーヤーでした。ファルカン代表監督の下で初代表。小倉の背番号は22番。キリンカップ・フランス戦で見せた、カズのアシストを振り向きざまに決めてしまったあのゴールは今でも鮮烈です。アクシデントさえなければ…と言われながらも、淡々と所属を変えながらも現役を続けてきた小倉はどうするのかと。

FC岐阜が有力かとの報道もありました。FC岐阜にはグランパス時代の同僚・森山がいる、あり得ない話ではなくもないかとは思いつつも、せめてJリーグのどこかでプレーを見せて欲しいと、思っていました。その後、続報もなく、本当にどうなるのかと気を揉む日々。その小倉選手、Jリーグの合同トライアウトに参加したとの報道が。どこかのチームで小倉が蹴っている姿を見られることを楽しみにしています。

T.D.

| | コメント (10) | トラックバック (6)

2006年1月 8日 (日)

寒中お見舞い申し上げます

松があけました。「微熱日記」もそろそろ始動しようかと思いまして、改めまして今年も宜しくお願い申し上げます。kan7


2006年、私のテーマは「春風」かな、と。「北風と太陽」の喩えもありますが、強力な太陽よりはむしろ春風のような佇まいで、いい空気感を醸成していきたいという思いです。

「春風や 闘志いだきて 丘に立つ」 高浜虚子

寒い日が続きますが、皆様もくれぐれもご自愛下さいますよう…。

T.D.

| | コメント (3) | トラックバック (6)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »