« 村上阪神? | トップページ | 千両役者・孫正義 »

2005年9月30日 (金)

しまむらに学ぶこと

成果主義の誤謬、と言うエントリーを書かせて頂きましたが、まぁ何事もバランスと言うものが肝要で、どこかに偏り過ぎては上手く行かない、と換言することもできます。そのコメント欄での遣り取りで、「成果主義=短期的成果(業績)を定数化し給与・待遇に反映させる人事考課制度」、これに対して「能力主義=中長期的能力を定性化し給与・待遇に反映させる人事考課制度」と説明させて頂きまして、「日本型年功制」は実は後者、と書かせて頂きました。

ある一人の優れたGKがいたところで、それだけではサッカーにはなりません。他の10人の選手、ベンチスタートの選手、それを支えるスタッフが有効に機能して始めてサッカーらしくなるので、「スターシステムは要らない」と言うのが私の組織論です。元々、米国で成果主義(performance-evidenced pay)と言うのは、個人業績に偏り勝ちだった評価の中にチームの中での機能を評価する要素を採り入れようと言う事で、日本で展開された事態とは180℃異なることにも注意が必要です。

何れにせよ、ボランチならボランチ、FWならFWが、チームの中でどのように機能していたかを評価することなしに、人事考課と言うものは成立しないでしょう。手前味噌も何ですので、私とは何の関わりも無い業種から一つ。しまむらを成功事例として挙げたいと思います。

画に描いたような堅実経営を離職率が高いアパレル産業で成し遂げていることは注目に値します。店長のパート出身者比率の高さ、そもそもパートの勤続年数の長さ、これを見ても公平感のある働き易い組織作りに成功していることが分かります。

企業と言う組織を構成するのは人です。ゆえに、人を短期的な成果ではなく、組織の中で果たした機能によって評価する姿勢には大いに学ぶ点があると思っています。例えば、ジョブ・ローテーション。スペシャリスト志向の高まりとは逆行しているとの指摘もありましょうが、しまむらでは積極的に活用しています。社員に仕事を覚えるモチヴェーションを高めさせることに効果があるのは確かです。

ゼネラリスト志向だと昨今の日本社会では評判が高くはなさそうな人事制度ですが、全体の中での自らの役割を知ると言う意味でも、社員にモチヴェーションを与えつつ、長期的視点で人材を育てて行こうと言う理念が、そこにはあります。

優秀な人材が意欲的に仕事に取り組める仕組みを作れば利益はついてくるもの。近視眼的成果主義が、多くの場合、無残な失敗に終わっていることからも、しまむらに学ぶべき点は大きいと思います。

T.D.

(参考):nikkeibp.jp - 新社長を直撃!より

|

« 村上阪神? | トップページ | 千両役者・孫正義 »

コメント

T.D. さん、こんにちは。

> 店長のパート出身者比率の高さ、そもそもパートの勤続年数の長さ、これを見ても公平感のある働き易い組織作りに成功していることが分かります。

アパレル、飲食などの接客業を見ていると「難しいだろうな」と思わされます。
お客様との毎日のやりとりも、最初のうちはモチベーションも高く、元気いっぱいでできるでしょうけれど、その状態を長期間持続させるのは大変に難しいことでしょう。

世間で有名な居酒屋チェーンの支店などでも、しばらくぶりにいってみると驚くばかりにダメになっていることがあります。「店長が交代したのかな?」と思うと、そうでもなく、店全体の士気が低下したということのようなのです。

そうなると、不愉快な点も目につくようになりますから、自然とその店からは足が遠のく結果となります。よく「既存店の悪化」といわれますが、結局は個々の店舗に勤務する社員、パート、アルバイトの人たちの士気の低下に尽きるのでしょう。

「社員にモチヴェーションを与えつつ、長期的視点で人材を育てて行こうと言う理念」。実際には簡単なことではないでしょうね。「しまむら」のことは良く知らないのですが、調べてみたいと思いました。貴重な情報をありがとうございます!


投稿: 喜八 | 2005年10月 1日 (土) 13時36分

|ω・`) カゼでもひいたか?

投稿: AMNESIac7 | 2005年10月 6日 (木) 21時25分

喜八さん、こんばんはー。
レスポンス遅れてしまい済みません…。しまむらは日本的年功制(良い意味での能力主義)の典型的成功事例ではないかと思っています。とかく人の出入りが激しいアパレル業界で、「人材」の重要性にフォーカスした経営理念は見直される価値が、充分にあると思っています。
これを機会に、しまむらの経営理念に関心を持って頂ければ、嬉しく思います。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年10月 7日 (金) 20時11分

あむさん、ご心配掛けましたが、ちょっと休んでいただけなので、激しく復活!する予定です。今後とも宜しくです。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年10月 7日 (金) 20時12分

トドメの一発を左中間席へたたき込み、

投稿: 胃亢 | 2005年10月22日 (土) 12時18分

レフトスタンドにぶち込む

投稿: 学び | 2005年10月22日 (土) 12時19分

(。・0・。)サボすぎですよ~ぃ

投稿: AMNESIac7 | 2005年10月23日 (日) 20時33分

> (。・0・。)サボすぎですよ~ぃ

AMNESIac7 さんに同感ですたい(笑)。

投稿: 喜八 | 2005年10月24日 (月) 23時24分

スタミナ不足を露呈・・・

投稿: 慎チャン | 2005年10月25日 (火) 12時27分

HAIR  FOR  LIFE は光ったなー\\\

投稿: MassDa中日記 | 2005年10月26日 (水) 14時16分

あむさん、喜八さん、すみません…。
いろいろメンテ中につきもう少し休眠状態かもしれません。とか言いながら、今夜あたり早速何か書いているかもしれませんが。もうちょっとだけお待ちを!
読者の皆さんの反応が嬉しいですね。身に沁みる今日この頃です。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年10月27日 (木) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/6186282

この記事へのトラックバック一覧です: しまむらに学ぶこと:

» 郵政民営化とは、“出来の悪そうな大銀行”を一つ増やすこと [Financial Journal]
日本の郵貯の残高は、現在約211兆円ある(平成17年6月末)。来年1月に誕生する世界最大の銀行、三菱東京UFJの総資産約190兆円を軽く凌ぐ。さらに、簡保資金を入れると340兆円と言われている。こんな巨大なライバルが国の保護下で楽チンに資産運用しているのだから、銀行... [続きを読む]

受信: 2005年10月 6日 (木) 02時32分

« 村上阪神? | トップページ | 千両役者・孫正義 »