« ハゲタカとは、呼ばないで | トップページ | タリーズとスタバ »

2005年9月20日 (火)

行政改革のあり方

公務員の人員削減、待遇切り下げを例に挙げてみます。それも一つの政治の在り方でしょう。しかし、人員を削減し、待遇を切り下げるからには、提供される行政サービスのクオリティが中長期的に低下・劣化することは避けられないことは認識しておかなければならないでしょう。

勿論、私は行政改革は-これだけの財政赤字を抱えている以上-なされなければならないと思っていますが、近視眼的に民間基準でコストを削減しても、それこそ中長期的には国家にとって(即ち国民にとって)ロスにしかならないでしょう。何を、どのように、改革するかに、政治の叡智を注がなければなりません。

マーケット・ファンダメンタリズム、即ち市場原理主義は上手く機能しない。それこそ、これは合衆国の歴史的先行事例が証明しています。今になってむざむざ失敗を繰り返す愚を犯す必要はないでしょう。以上の理由から、行革には基本的に賛成する私も、現在進行中の事項には、諸手を挙げて賛成、とは行かないのが現実です。

T.D.

|

« ハゲタカとは、呼ばないで | トップページ | タリーズとスタバ »

コメント

T.D. さん、こんばんは。

日本は「官」と「民」どちらのシステムも相当に傷んでいます。
どういう形にせよ「改革」が必要なのは間違いありません。
といっても簡単なことではないでしょうけれど・・・。

やはり、政権交代が必要です。
戦後の日本では実質的な一党支配が続きすぎて、システムにサビがたまり過ぎたのですね。
政権交代を行なうことでシステムの新陳代謝を図るのが「本筋」ではないかと思っています。

それにしても先進国中では、日本のように政権交代がない国は珍しいのではないでしょうか?
外国から見たら日本は民主主義国とは思えないかもしれませんね(トホホ)。

投稿: 喜八 | 2005年9月20日 (火) 21時46分

喜八さん、こんばんはー。
まさに同感です。政権交代が無いままに「改革」しようとするから、どこか、無理があるのでしょうね。政権交代が起これば自然に-改革、改革、と言わなくても-改めるべきところは改められるのだと思います。今は、民主党がどういう方向に進もうとしているのか、注目しています。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年9月20日 (火) 22時36分

そもそも役所は市場だけでは上手くいかないところを何とかする場所ですから、市場原理をそのまま飲み込んじゃえ、と言われると違和感がありますね。
分割発注じゃないですが、役所ではなく市場で出来ることは市場へ移管、部分的にノウハウを吸収すれば役立つことは一部民間委託、という方向に行くといいのですが。
マスコミはちょっと勉強不足です。

投稿: takeyan | 2005年9月21日 (水) 18時04分

takeyanさん、はじめまして。コメント有難うございます。
ブログ、(まだまだ一部ですが)拝読させていただきました。

私は、特に中央官庁の役人の働き振りを見ていると、これは民主制のコストと割り切って、思い切って増員する位で丁度良いようにも思います。合理化・効率化、と言う部分において民間基準を導入することには意味があるのでしょうが、それは「適正に効率化されている」と検証できる場合に限ると思っています。

マスコミは、概して役人を「悪玉」に仕立てたがる傾向があるようなので、読者としては要注意、と思っています。

T.D.

投稿: tropical__dandy | 2005年9月22日 (木) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/6030448

この記事へのトラックバック一覧です: 行政改革のあり方:

» 『世論調査は情報操作されているのか?』 [なんで屋-驀進劇-]
●今回の衆議院選挙の自民党圧勝の背景を流れをまとめます。⇒詳細は①,②へ  原因構造の一つとして、制度の生んだ「数字のマジック」があることも確かだが、 小泉劇場を煽り立てたマスコミにも責任がある。というものでした。  今日は、世論調査関係を扱いたい...... [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 18時29分

» 郵政民営化反対 [喜八ログ]
いきなりですが・・・。 軍隊(自衛隊)の民営化に私は反対します。 警察の民営化にも反対します。 刑務所の民営化も反対です。 国民健康保険民営化反対! 国民年金民営化反対! 三権(立法・行政・司法)の民営化には断固として反対します! ついでと言ってはなんですけれど・・・。 郵政民営化に...... [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 20時30分

« ハゲタカとは、呼ばないで | トップページ | タリーズとスタバ »