« 上野千鶴子という文体 | トップページ | 健太で一気呵成に »

2005年8月19日 (金)

ダービー馬の馬主となることは

一国の宰相になることよりも難しい、と言ったのはかのウィンストン・チャーチルです。しかし、日米両国のダービー馬の馬主となって、国政選挙に落選した人がいます。そう、あの関口房朗さんです。

関口さん、本当に日米でダービーを制した馬主という歴史的偉業を達成したものの、2001年の参議院選挙、愛知選挙区から無所属で出馬、見事に落馬、ではなくて落選しました。選挙は落ちるわ、創業した会社ではクーデター起こされるわ、大変な騒ぎだったのですが、本人はまた起業したりと至って元気。どうなのか、と思うものの、世間の風評をよそに関口節を鳴らしています。

どうなのか、という風評をものともしない、という意味において、堀江貴文さん、本当に広島6区から出馬とのこと。これは想定外でしたが、自民党本部で会見、無所属、公認も推薦もなし、で選挙に出るとは意外でした。本人は、どうなのか、などという風評もどこ吹く風なのでしょう。

選挙ですので、当落は選挙民が決めること。出馬するのは、当落はさておいて何らかの事業家としての読みがあるのでしょう。その「事業家としての読み」がどういうものであるか、よく分からないのですが、大見得を切ることができるのも数少ない人ができること。注目はしています。

T.D.

|

« 上野千鶴子という文体 | トップページ | 健太で一気呵成に »

コメント

ホリエモンの「無所属」には、最初おどろかされましたが、カラクリを知ってがっかりしますた
のでTB発射

投稿: AMNESIac7 | 2005年8月20日 (土) 21時50分

あむさん、どうもです!
これ堀江氏が自民党と出馬する代わりに、何らかの見返りを以って報いるってことだよね。
そもそも、党が公認も推薦もしない一候補者の出馬表明を自民党本部でやっていること自体に違和感。武部検事長が「堀江貴文君をご紹介します」と言ったり。
ま、これで広島6区が一選挙区としては異例の注目は集めるし、郵政民営化に賛成か反対かに長目が集まる戦略は今のところ、露出度の高さという意味では上手く言ってますね。

ただ、これは一選挙区に過ぎないので、他の候補者の見解も是非聞いてみたいところです。まだ始まったばかりで時間もあるところで充実した政策論議を、取り敢えずは、ですが期待してます。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年8月23日 (火) 02時19分

ご無沙汰しております!!!
関口社長の時は完全な泡沫(?)でしたけど、堀江社長は事実上自民党公認ということで、いやが上にも注目度は高まるでしょうね…。敢えて広島6区を逆指名するあたりは風を読んでいる印象です。苦戦が伝えられる選挙ですが、それこそ注目しています。

投稿: kinks | 2005年8月25日 (木) 02時11分

kinksさん、こちらこそご無沙汰です!
そうですね…選挙戦まぁ堀江社長は厳しいでしょう。

社業と国会議員の二足の草鞋は結構いそうですけどね。自民党の前衆院議員の松本和那さんは「マツモトキヨシ」の二代目社長。社長在任中に東証一部上場だったかと思います。社長業では内紛、選挙では落選と、踏んだり蹴ったりだったようなのですが。

ただ、メディアの露出、と言う点でいやがおうにも広島の「亀井・堀江対決」が注目されれば、論点は「郵政民営化」ということになり亀井さんの政治体質が「抵抗勢力」を思わせるなど、自民党の思う壺と言う感もあります。ですから、距離を置いてそういった思惑に惑わされずに報道に接することが必要ではないでしょうか。

T.D.

投稿: tropical__dandy | 2005年8月25日 (木) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/5544642

この記事へのトラックバック一覧です: ダービー馬の馬主となることは:

» ドーン・パトロール/ナイト・レンジャー [キングあおぽんのCD論]
9/11は、御存知の通りアメリカの同時多発テロが起きた日です。 あれからもう4 [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 01時12分

» ホリエモンが出馬? [喜八ログ]
ライブドア社長堀江貴文氏が、来月11日投票の衆議院選挙に出馬するかどうかが話題になっています。 結論からいうと・・・。 「出馬はない」というのが私の「読み」です。 もし当選したとしても、彼にとってたいしてトクはないと思うからです。 ホリエモン氏の目標は自分の会社を「世界一」にすることであるはず。 ...... [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 05時41分

» アンタの「生きる」てどういう状態? [「断想」    _since 2004]
『僕は死なない(堀江貴文著 / '05年3月刊)』から_ 「ちょっと頭のいい人は、やっぱり政治家なんか、やりたくないでしょう。損だから。面倒くさいし。 少なくとも僕は絶対やらない」 「(小泉について)ちょっと郵政に拘泥しすぎですよね」 この半年、ここ数週間のあいだに、いったいどんな科学的反応が起きたというのだろうか? もちろんあの小泉と堀江のことなのだから、とてつもなく打算的な見解の一致がはたらいたのだろうが、この変節ぶりにはいつもどおりの失笑をおぼえてしまいますね 小泉からすれ... [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 21時50分

« 上野千鶴子という文体 | トップページ | 健太で一気呵成に »