« 総務省の真意はどこに? | トップページ | 溝口健二『近松物語』 »

2005年7月 2日 (土)

有害情報判定第三者機関

先のエントリーに関しましては、皆様からもコメントを頂戴しまして、現時点の私の読み筋だけ簡単にお話します。報道内容(研究会報告)の性質上、これは通信社が先走る類の情報ではないのではないだろうという判断が一つ、他方、実際の報告書の内容は比較的穏当であり共同通信の報道内容とは乖離が見られるという事実が一つ。

これは即ち、総務省サイドから共同通信に対して何らかの観測気球を打ち上げてみたのではないかと愚考するに至った次第です。但し、実効性という観点から「実名記載の義務化」というのは飛躍がありましょうし、恐らくは「実名記載ないし固定した仮名の使用の奨励」といった程度の施策を、その落としどころと睨んでいるのではないか。

もちろん、実名 or コテハンを奨励したからと言って、いわゆる「有害情報」(定義不詳のため括弧書きとします)がネットから消滅するというものでもないでしょうし、ある種の発言の抑止効果がある(かもしれない)という程度の期待値に収束するのではないかと思います。

さて、上記は言わばボディブローのようなもので、即「有害サイト」の減少へと誘うものではないでしょう。むしろ、読売既報の、総務省主導による第三者機関「有害情報判定委員会」(仮称)の創設の方が、「即効性」という意味ではニュース・ヴァリューは高いものと思います。その第三者機関がどこまで「有害サイト」を網羅した仕事が遂行可能かは不明。

まずは、何をもって「有害」とするか、という線引きの問題が横たわりますが、これも恐らく一朝一夕に明確なガイドラインが出る性質のものでもないでしょう。そして、何らかの線引きが確定した後も「一網打尽」とはいかない、と思われます。むしろ「一罰百戒」の方が近そうです。

恐らく、ネットにおける有害情報の問題とは、結局のところ「今までになかった種類の問題だ」という一点で既存の有害情報とは異なる(ように見える)のでしょう。実際のところ、ネットの普及局面に伴う「今までになかった種類の問題」に対処すべく、実は総務省も手探りなのではないかという感を強くしています。当面、この問題は注視していきたいと思っています。

T.D.

|

« 総務省の真意はどこに? | トップページ | 溝口健二『近松物語』 »

コメント

TBありがとうございます。
「完全自殺マニュアル」騒動と収束を思い出してみたりしますが、
金をもらって文章を書く人々の関心や発言が
今回まったく無いのには苦笑いです。

投稿: 53N | 2005年7月 3日 (日) 02時12分

53Nさん>
確かにそうですね。恐らく総務省が「有害」と考えている類の情報は書籍でも得ることができますね。それこそ公立図書館に置いてあるかもしれない。で、それらは、サブカルと言われようと「商業ベースに乗った」作品である訳ですね。その点でネットのボマーサイトとは大きく異なる(情報の質においては同値かもしれませんが)はずであって、彼らが、現在の総務省の動向についてどう考えるかは個人的にも興味があります。ただ、そういう人の発言はあっさりスルーされてしまうのだなとも思ってしまいますが・・・。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年7月 3日 (日) 02時55分

TBありがとうございました!
非常に憂慮すべき問題ですね。
百科事典やファンタジー小説だって規制対象になりかねない。
愚かなことを考えるものです。

やはり、一部で言われているように、最終的には反創価学会関係のサイトを取り締まるのでしょうかね?

投稿: 鮎川龍人 | 2005年7月 3日 (日) 10時03分

鮎川龍人さん>
コメント有難うございます。ご指摘の通りで、「何を持って有害とするか」というのは非常にセンシティヴで、また「どこに線引きを置くのか」を設定することは困難を極めると思います。
「現行法上明白に犯罪性がある」ものに関しては、何も新たに第三者機関を設けるまでもなく、現行法で処分することが可能なので、「現行法上犯罪とは言えないが有害と思われるもの」に適応する趣旨ですので・・・特定の団体に対する問題は現時点でははっきりとは申し上げられませんが、その線引きが難しいことは間違いないと思います。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年7月 3日 (日) 10時42分

固定ハンドルを登録制に
と、一般へのある程度の匿名性は守りつつも、
固定ハンドルは政府ないしは、政府とつながる第三者機関で管理する
と、言い出すのが最終的な悪夢予想修正かも

投稿: AMNESIac7 | 2005年7月 3日 (日) 12時04分

あむさん>
多分そんな気がしますねぇ・・・。IT Mediaの記事で「ネットの匿名性は不可欠」と当の総務省の課長補佐が形っていたのは、敢えて言えば・・・「実名で、とは言っていない。実名またはコテハンで」ということだろうなぁと。
となると、では固定ハンドルでも構いませんので登録時には個人情報ご記入の上IDをお受け取り下さい。なお、IDに関しては第三者機関で厳重に管理しますのでご安心を・・・というのが考えられなくもないですね。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年7月 3日 (日) 13時41分

はじめまして。トラックバックどうもありがとうございます。
T.D.さんは、今回の共同通信の報道は、総務省サイドが共同通信にある種意図的に情報を流して、世間の動向を伺った(T.D.さんの言い方でいうと「観測気球」)と考えているということでしょうか?

投稿: stonelabo | 2005年7月 3日 (日) 16時42分

stonelaboさん>
こちらこそ、コメント有難うございます。
ご質問の回答としましては、まず、IT Mediaの取材に対して総務省課長補佐が「記事は誤りではないのだが」と断った上で、「ネットに匿名性は不可欠」との認識を示しています。
この辺りに私は少し違和感を感じまして・・・と言いますのは、共同通信の記事では報告書では「匿名による弊害」を問題視している、と読めてしまうために、普通に考えれば総務省の意図が誤って伝達される可能性が高い、ゆえに訂正を申し入れるのが通常と思われるところ、「誤りではないのだが」と、留保したような発言に留まっています。
そうすると、控え目に言って、「不作為の観測気球」なのではないか?という推論は成り立つのではないかとは思います。現にブログ界隈はこの記事に大きな反響を寄せましたから。敢えて否定はしないことで様子伺いはできたのではないかと推察します。
また、「不作為ではなく作為的に」共同通信にある情報を流した上で世論の動向を見たと取れるかどうか。共同通信の「暴走」とばかりは必ずしも言えないのではないか(というのはまだ私に通信社に対する素朴な信頼のようなものが残っているからかもしれませんが)とも思います。
それを「作為的観測気球」と断ずることはもちろんできませんが、総務省サイドの思惑から離れて共同通信が「作文」してしまったとは思い辛いところがあります(まったくの主観的観測です)。
とすれば、何らかの形で総務省から「実名」に関するコメントがあり、共同通信はそれを「前打ち」段階で記事にした。その後も総務省は敢えてクレームせず放置して、言わば「観測気球」としたのではないか、というのが私の観測です。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年7月 3日 (日) 17時35分

T.D.さん コメント∩TBありがとうございます。
色々なことが考えられると思いますがいつまでたってもイタチゴッコは続くと思います。

投稿: ちょり | 2005年7月 4日 (月) 13時49分

ちょりさん>
そうですね。「有害サイト」と認定されるサイトの基準・内容は変化していくでしょうし、何らかの手を打てばその施策に対するカウンターは登場するでしょうし・・・。本人認証も、現時点で信頼性が比較的高い手段も、完璧ということはないでしょうし。クラッキングの技術も・・・とコトは続いていくんでしょうが、日本政府もネット社会を取り込んでいこうと言う決意表明なのかな、と思っています。

投稿: tropical_dandy | 2005年7月 4日 (月) 22時06分

始めまして。m(__)m
トラックバック有難うございます。

仰る通り、実名にしても有害情報はネットからは消えないと思います。
それどころか、逆に実名にするとその有害情報を流している所に悪用される危険性もあるのでは・・・?って不安です。
確かに、誹謗中傷的な発言を押さえる効果はあるかもしれませんけど、完全な効果は出ない可能性がありますよねぇ。

投稿: YUKI | 2005年7月 5日 (火) 17時37分

YUKIさん>
コメント有難うございます。レスポンス遅れて申し訳ありません・・・。私も同感です。有害情報そのものは恐らく形を変えて残るでしょうから、むしろ、そういった情報にどう対処すべきか?という方法論の方が先のような気がしています。リスクを充分に教育するとか、個人情報の重要性の教育とか。中途半端に実名(またはそれに近い)手段を教えることの危険性を考えると、安易にことを急いではいけないのだろうと思っています。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年7月11日 (月) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/4800567

この記事へのトラックバック一覧です: 有害情報判定第三者機関:

» 有害判定委(有害情報判定委員会(仮称)) ここに作ります [多人数で書き込むブログ、、、ちょっと若返るか!!]
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - ネット情報に第三者の「有害判定委」…総務省が検討 インターネット上に流れる情報の違法性、有害性を判断し、相談を受け付けるため、専門家による第三者 [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日) 00時50分

» 表現の不自由 [それってどーなの?]
総務省は24日、インターネット上に流れる情報の違法性、有害性を判断し、相談を受け付けるため、専門家による第三者機関「有害情報判定委員会」(仮称)を創設する方向で検討に入った。 7月に省内に設置する有識...... [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日) 02時12分

« 総務省の真意はどこに? | トップページ | 溝口健二『近松物語』 »