« ワールドユース・決勝Tには行ったものの | トップページ | 期待と不安、交錯 »

2005年6月22日 (水)

ああカサブランカ

ワールドユース、モロッコ相手にそれなりの展開を見せていましたが、選手交代のカードを切る度に、試合展開が「いつもの不安な感じ」に。水野に代わって入った兵藤のバックパスに起因してロスタイムでの痛恨の失点。

総括としては、やはりJクラブでプレーしている選手と、大学サッカーに慣れてしまった選手との溝。それからユース年代を日本人監督育成の場と考えているJFAの方針への疑問。こんなところでしょうか。

光る素材もいた世代だけに、残念な結果です。特に、オランダ戦で本田が「見切られて」しまった(ように思える)のはプレースタイルが「縦ポン」サッカーに合わないと判断されたのか・・・。梶山と本田の共存を見てみたかっただけに残念です。

とは言え、北京五輪まで、まだ時間はあります。監督人事を含めた強化方針の再考が求められるときではないでしょうか。何も日本人監督に拘る必要もないように思います。特に、これからの年代だけに熟練したそれこそ世界水準の監督の就任を望みます。

T.D.

|

« ワールドユース・決勝Tには行ったものの | トップページ | 期待と不安、交錯 »

コメント

ひらあま・・・ひらあま・・
いますぐプロに・・・
手遅れになるぞ・・・
不満だ・・・不満の残る試合だった・・・
きょうはA代表に期待!

投稿: AMNESIac7 | 2005年6月22日 (水) 21時13分

平山・・・見る度に劣化が激しいような気が・・・。サッカー選手としての将来を考えると早くプロでやった方がいいですね、これは。今日はガチンコのセレソンとの試合、楽しみで仕方がない・・・夢を見せてくれ、A代表!

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年6月22日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/4664369

この記事へのトラックバック一覧です: ああカサブランカ:

« ワールドユース・決勝Tには行ったものの | トップページ | 期待と不安、交錯 »