« 日本の夏、野球の夏 | トップページ | B代表監督は誰だ? »

2005年6月29日 (水)

竜虎対決の様相です

本当に竜虎対決の様相です、セリーグ。岡本が7勝目。このまま優勝争いをしていたら最多勝でも獲るのではないでしょうか。そう言えば、かつて、ヤクルトの伊東投手(現コーチ)がリリーフで最多勝獲ったことがあったなぁ。

何だかんだで阪神・中日って最も話題性あるかも(除く讀賣)。阪神も戦力の充実度には目を見張らされます。相手にとって不足なしですね。

パリーグはホークス首位に。問題は最終的に2位になったチームと3位になったチームとの順位差が離れ過ぎていること。プレーオフ制度の見直しにも繋がるかも・・・。

まあ本当のマッチレースはオールスター後でしょうから、気長に楽しみます。

T.D.

|

« 日本の夏、野球の夏 | トップページ | B代表監督は誰だ? »

コメント

しかし、岡本投手も調子が悪いと思っていたら、気が付いたら7勝ですか。防御率もそんなに悪くないですしね。
ウッズにも同じことが言えますよね。
みんな、やるときはやるってことでしょうか?

もうちょっと調子が上向きになるといいんですけどね~。

投稿: キングあおぽん | 2005年6月30日 (木) 08時36分

そうなんですよね。私も岡本投手が登板するとヒヤヒヤしていましたが、確かに防御率を見るとそれなりの数字になっていますし・・・ウッズ選手もそうですね。

ヒヤヒヤする展開は去年で慣れていますから(苦笑)、最後には何とかなっているのかなぁとか思います。

岩瀬までをどう繋ぐか?というのはある意味で永遠の課題かもしれない・・・と思いますが、今一番信頼できるのが岡本なら、岡本投手の復調を待つ、という首脳陣の戦略も外れてはいないのかな、と思います。

恐らく交流戦が終わって、オールスターも終わった辺りで落合監督は鞭を入れ始めるのかな、と思います。その前に阪神を走らせ過ぎないことですね・・・。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年6月30日 (木) 18時14分

セントラルはどうやら竜虎に絞られたようですが、わたくしの地元大阪では、以前のようなエセ阪神ファンも少なくなり、けっこう冷めた目で阪神を見ているひとが増えてますだ
なんたって監督が、凡将の岡田なので・・・

投稿: AMNESIac7 | 2005年6月30日 (木) 21時50分

あ、それは中日ファン的には阪神と言えば岡田監督というよりは星野さんというイメージが強いと思うので大丈夫(本当か?)。まぁ、去年何だかんだ言われていた鳥谷も育ってきているし。外野の感想としては関本はもったいないなぁ、何とか使いどころはないものか、とか思いますけど(苦笑)。

個人的には私の地元のベイスターズの監督に就任した牛島さんが気になって仕方がないけど(笑)。牛島と言えば浪商、牛島と言えば野武士軍団の守護神だったもので・・・何か横浜の監督でにこやかにやっているのが違和感が・・・いや、牛島さんは優秀な指揮官だと思うんですけどね・・・。

T.D.

投稿: tropical_dandy | 2005年7月 1日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115387/4767007

この記事へのトラックバック一覧です: 竜虎対決の様相です:

« 日本の夏、野球の夏 | トップページ | B代表監督は誰だ? »